.

片頭痛は現代の人が悩んでいる病気の一つです。片頭痛の原因は分かっていない部分も多いのですが、色々な原因が考えられています。まずは血管が拡張して引き起こされているのではないかという理由です。血小板からは血管を収縮させるセロトニンが放出されます。このセロトニンは、時間が経つと分解されて減少することになります。そうなりますと収縮していたはずの血管が拡張することになりますので、頭痛が引き起こされるのではないかというものです。そして三叉神経が関係しているのではないかという理由です。三叉神経が刺激されると、血管を拡張させる効果のある神経伝達物質が出ることがあります。この神経伝達物質の効果によって、炎症してしまうという理由です。片頭痛の症状としては、頭の片側や両側はズキズキと痛む症状が多いです。頻度は人それぞれ違うのですが、月に1回や2回くらいの方もいれば、週に1回から2回くらいので肩もいます。重度の片頭痛になりますと、仕事をすることが出来ないほど傷むこともあります。

Copyright (c) 2000 www.belstaffjacken-de.net All Rights Reserved.