.

自動車重量税、略して重量税とは、国内メーカーの自動車や海外の車というような自動車の生産している国やハイブリッドカー、ワゴン車という車の形状に全て同じでスバルやフォルクスワーゲン、等でも同じように負担をしなくてはいけない税金なんです。

新車を登録する場合もしくは車検に出すさいに納税が必要なものになります。

その税額はその自動車のウエートによって定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」では全く別の概念ですから、基礎を理解して勘違いしないようにしましょう。

「自動車重量税は重量で」「自動車税というものは総排気量で」税額が変わってきます。

それで、買い取りする時の扱いも変わりますから、注意が必要です。

車の買い取りの際には既に納めた車の金額がどれだけ残っていた場合でも、その金額が返還されることはないですが、一方自動車税の場合は、既に支払った額を売却額に乗せてくれるということがありますが重量税に関しては上乗せされるといったケースはなかなかないのです。

重量税については、車の処分時に納めてある税額が残っていると言っても中古車の買取専門業者でそれが材料になることはまずないものなのです。

ですからその次の支払い要は車検に出すまで処分を少し待ち売るのが最も良いです。

売却の際は考慮していただけないのが重量税ですが、例外的な場合でしたら還付されることもあるのです。

これに当てはまるのは車検の効力が残存している車を廃車として処理する時です。

廃車申請をすれば、残っている期間に応じた重量税が戻ってきます。

ただ中古車買取の時はその自動車が廃車されるのとは違うので戻ってきません。

さらに愛車の名義変更をした場合や盗難された時なども還付を受けることはできません。

自動車重量税が残っている自動車を売却するというのは要は車検が残っているクルマということです。

店側も計算に入れますから、自動車重量税の残存期間があればそこそこ買取額が上乗せされると思います。

もちろん、買取金額は店により違ってきますが車検期間がまだあるということを考慮していただければ、車の売却額からみたらそんなに割に合わないということもありません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.belstaffjacken-de.net All Rights Reserved.